哲学の道のチョウ その2 キマダラルリツバメ

6月下旬から7月の始めにかけて哲学の道にでてきます。タイガースのトラ模様をした小さなかわいいチョウです。
幼虫は古木に棲むアリにエサをもらって育ちます。さなぎから羽化するとき、アリから早く逃れないと逆に食べられるそうです。
哲学の道の古い桜の木で育ちます。全国的に減ってきているそうです。哲学の道の環境が良いからでしょう。

DSCF2169

DSCF2168

DSCF0538

これまで紹介した哲学の道のチョウ

哲学の道のチョウ
http://tetsugakunomichi.jp/blog/archives/232


You may also like...