ホタルの季節

5月21日(木)夜9時前、哲学の道で源氏蛍(げんじぼたる)を見ました。場所は、弥勒院橋周辺で、6〜7匹いました。去年より少し早いかもしれません。2年前秋の水害のあと、疏水の底砂を整備してからホタルの数が減っていました。今年は回復するのでしょうか?期待したいところです。かつてホタル鑑賞は洗心橋周辺がメインでしたが、最近は銀閣寺道交差点の西側が主な鑑賞スポットとなっています。このあたりも、21日現在で10匹前後とまだ少ないですが出ています。

私は、すぐ帰宅して4歳の孫を連れて再度弥勒院橋へ。散策路の石畳にホタルがとまっていて、踏みそうになりました。手にとって孫に見せましたが、自分で触るのはいやみたい。カメラを持っていなかったので、今回の写真は、去年ので勘弁してください。(ホタルは、すぐにお帰り願いました)

哲学の道でのホタル鑑賞の際のお願い
付近は、静かな住宅地です。集団での鑑賞は、特に会話が増えます。屋内にいても外の声が響いてきます。出来るだけ静かに鑑賞してください。
哲学の道のゲンジボタル及びその生息地は京都市登録天然記念物に指定されています。お持ち帰りは厳禁です。
疏水沿線の道路は狭いです。駐車は、通行の邪魔や騒音になります。自動車や自転車などで来られる方は、京都市の駐車場やコインパーキングを利用してください。


You may also like...