桜情報 支那実桜が開花

 哲学の道の桜のトップバッターは、支那実桜(しなみざくら)です。哲学の道沿いには、1株だけあります。場所は、銀閣寺道のバス降りて、哲学の道に入ってすぐ。白川の西側です。桜の木にナンバーがついています。この支那実桜は378番。実桜とあるように、サクランボの実が成ります。市販されているサクランボは、西洋実桜ですが、こちらの支那実桜も食べられます。

 開花を確認したのは、3月21日の夕方ですが、すでに開いた花がかなりあるので、昨日が開花日のようですね。去年は、3月14日にすでに咲いていました。次に咲く桜は、大豊橋のたてかわ桜でしょう。染井吉野や大島桜などメインの桜は3月末になるかもしれません。4月1日~7日は、哲学の道保勝会主催の「桜まつり」です。

 「桜まつり」に先立ち、哲学の道保勝会主催の「春の大掃除」を実施しました。ご近所の方、京都紫明ライオンズクラブの皆さまはじめたくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。


You may also like...