ホトトギス初鳴き ホタルの続報

5月31日(土)自宅庭で作業していると、大文字山の方からホトトギスの声が。「キョッ キョッ キョッ キョキョッ」聞きなしでいうと「てっぺん かけたか」です。俳句だと「目に青葉 山ほととぎす初鰹」ですね。万葉集でホトトギスを詠んだ歌は150首。雁(がん・かり)が67首、鶯(うぐいす)が51首。ホトトギスが鳥を詠んだ歌のダントツ第1位です。漢字で書くと「杜鵑・不如帰・時鳥」など多くあります。(参考文献「野鳥」2014年6月号)

今回私が聞いたのは、午前中でしたが、夜でも鳴きながら飛んでいるのを聞くことがあります。

さて、ゲンジボタルですが、哲学の道(浄土寺橋~若王子橋)エリアにも出てきました。31(土)夜10時過ぎの状況を報告します。銀閣寺南橋周辺3匹・洗心南橋の南側1匹・法然院橋3匹・第1寺の前橋南2匹・お旅所橋北2匹・大豊橋北1匹・宗諄お玉橋1匹

自転車で走りながらの観察なので、正確さには欠けますが、まだパラパラといったところ。一方先に出始めの銀閣寺道交差点の西側は、大黒屋橋西(バス停のすぐ後ろ)10数匹・銀閣寺小橋西10数匹と、まとまって見られます。数も増えています。


You may also like...