ニイニイゼミ・南禅寺のハス

京都地方は、7月19日に梅雨が明けたそうです。この前後から、哲学の道沿いでは、ニイニイゼミが鳴き始めます。今年は7月6日に初めて声を聞きました。雨が少なかったので例年より少し早いでしょうか。この写真を撮ったのは、かなり後ですが、桜の木にとまっているニイニイゼミです。どこにいるかわかりますか?ニイニイゼミはそろそろ終了。今、哲学の道で盛んに鳴いているのは、アブラゼミとクマゼミです。お盆すぎからはヒグラシ・ツクツクボウシが鳴き始めます。

哲学の道(若王子橋)から少し南に歩いたところ、南禅寺ではハスの花が咲き始めています。ここは、山門の西側駐車場の隣です。道路からは見えにくいので、参拝者の方は、ほとんど気づきません。境内の外ですから入場無料です。このハス池に近づいてみると、水面にはヒシの葉が一面に、そしてメダカらしき小魚が泳いでいました。


You may also like...